カラー選びが重要

女性

症状別に選ぼう

目の下にクマがある状態だと疲れて見える、また実際の年齢よりも老けて見られるということもあり、メイクでカバーしている人も少なくありません。目の下のクマをメイクでカバーする際、利用する人が多いコンシーラーですが、色選びを待ちがえてしまうと、上手くカバーすることができないので注意が必要です。厚塗り感なく自然なメイクで目の下のクマを隠したい場合、クマの色に合わせてコンシーラーの色も変える必要があります。目の下のクマといっても人それぞれで、青っぽいものや茶色いもの、そして黒っぽいものまで色味は異なります。隠したい肌の悩みは色彩学上で反対色とされているカラーを選ぶと良いと言われているので、コンシーラーを選ぶ際はクマの色と反対色となる色味のものを選ぶと良いでしょう。青っぽいクマが気になるという場合は、青の反対色オレンジのコンシーラーを使ってメイクをすると自然とカバーできます。また、茶色っぽいクマは肌馴染みの良いイエロー系やベージュ系のコンシーラーを使うと、浮くことなく隠せるのでおすすめです。黒っぽいクマはベージュ系やオークル系のコンシーラーでカバーするか、パールを配合したものを使うと良いでしょう。パールが入っているコンシーラーは光を拡散する働きがあり、黒い影を光で飛ばして目立たなくする効果が期待できるからです。このように、クマの色別に使用するコンシーラーのカラーをチョイスすれば、違和感なくカバーすることができます。