注意したいポイント

女性

パッチテストは必須

見た目の年齢を決めるのは肌だと言われていますが、特に「ほうれい線」があると内とでは、見た目年齢は大きく変わります。ほうれい線は1cm伸びると5歳は老けて見られると言われるほど、顔の印象を大きく変えてしまうシワで、できるだけ予防・改善したいものです。ほうれい線対策としては日頃のスキンケアに使用する基礎化粧品を、アンチエイジング対策用のものに変えるという方法があります。頬の皮膚がたるむことでほうれい線はできるので、アンチエイジング対策用の基礎化粧品は、ハリ感・弾力性をアップする美容成分を配合しているものがおすすめです。コラーゲンやエラスチン、プラセンタエキスといった美容成分は、肌のハリ感や弾力性を高める効果が期待できるので、ほうれい線対策に向いています。基礎化粧品を購入する際はパッケージの裏側を見て、どのような美容成分が使われているかをチェックするようにしましょう。ただ、いくらほうれい線対策に効く美容成分が入っていたとしても、自分の肌に合わない商品だと、肌トラブルを引き起こしてしまいます。特に敏感肌の人はいきなり新しい基礎化粧品を使うと、肌に合わなかった場合トラブルを起こしやすいので注意が必要です。自分は肌が弱いと感じている人が新しく、ほうれい線対策法の基礎化粧品を買った場合は、いきなり顔に塗るのではなくパッチテストを行うようにしましょう。まずは、二の腕など目立たない部分に基礎化粧品を塗ってみて、赤みや痒みなど肌トラブルが出ないか、確かめてから使うようにすれば安心です。